日本遺産「薩摩の武士が生きた町」シンポジウム

日時:2019年11月23日
1:30 PM - 4:30 PM

開催場所:ホテルウェルビューかごしま


令和元年5月20日,鹿児島県が県内9市(鹿児島市,出水市,垂水市,薩摩川内市,いちき串木野市,南さつま市,志布志市,南九州市,姶良市)と共同で申請した『薩摩の武士が生きた町~武家屋敷群「麓」を歩く~』が文化庁より
「日本遺産(JapanHeritage)」に認定されました。今回はこの日本遺産登録後初のシンポジウムになります。ぜひお気軽にご参加ください。

  • 主催 日本遺産「薩摩の武士が生きた町」魅力発信推進協議会
  • 日時 令和元年11月23日(土)13:30~16:30
  • 会場 ホテルウェルビューかごしま(〒890-0062 鹿児島市与次郎2-4-25)

①日本遺産「薩摩の武士が生きた町」とは

鹿児島県教育庁文化財課

②基調講演「鹿児島の武家屋敷群の魅力」

講師 土田充義 先生(鹿児島大学名誉教授)

③シンポジウム「武家屋敷群「麓」での取り組み、これまでとこれから」

登壇者  中村和美氏(鹿児島市地域プロデューサー)

福元拓郎氏(南さつま市地域プロデューサー)

長坂正雄氏(薩摩川内市地域プロデューサー)

丸野博和氏(姶良市地域プロデューサー)

土田充義先生

コーディネーター 東川隆太郎(かごしま探検の会)

申込方法 メール またはFAXでお名前、ご連絡先を添えてお申込みください。

定員(450名)に達し次第締め切らせていただきます。

シンポジウムチラシ(表) (申込面)

・アクセスについて

※駐車場台数に限りがありますので、できるだけ公共交通機関をご利用ください。※主なバス時刻表はこちら
また、お車でお越しの際はできるだけ乗り合わせてお越しください。

※会場ホテルウェルビューかごしまの駐車場が満車の場合、鹿児島県庁北側の駐車場をご案内する場合がございます。予めご了承くださいませ。

※先着(定員25)、要申込でのご案内となりますが、鹿児島中央駅と会場とのバスをご準備しております(行き帰り各1本)。12:30鹿児島中央駅西口出発、帰りは会の終了後16:45発予定です。乗車ご希望の場合は予めお名前・ご連絡先を添えて上記申込先にご連絡くださいませ。