手打麓[薩摩川内市]

海上交通の要衝,甑島の南の防衛拠点

手打麓は手打湾に沿って湾曲した麓で,本土の麓と異なり,海に臨む立地が特徴です。海の近くに設けられた津口番所跡が,本土の麓が道路行き来する人々を監視するのに対し,甑島の麓が”海路”を行き来する人々を監視対象としていたことを物語っています。近くの浜で採れる大きな玉石による石垣や,南国の花や樹木で形成された生垣など,独特の風合いの町並みを海風とともに歩いてみてください。

お問い合わせ先 薩摩川内市文化課0996-23-5111
観光ガイド 下甑島観光案内所(長浜港ターミナル)09969-5-1800
このエリアの構成文化財
  • 42 手打麓
  • 43 津口番所跡
  • 44 武士踊

市町村の特設ページ