13.肝付家歴代墓地

幕末の名家老・小松帯刀の父・肝付兼善の墓もある

玉繁寺跡。肝付家の菩提寺。それまで喜入を治めていた喜入氏が、文禄4(1595)年に永吉に移り、加治木を有していた肝付氏が喜入の地に入ることとなった際、玉繁寺も加治木から移された。その後肝付ケが承応2(1653)年、第4代兼屋の時に領主館を現在の喜入小学校の場所に移し新たな麓(喜入麓)ができた際も玉繁寺はこの地におかれた。明治2(1869)年の廃仏希釈によって廃寺となるが、墓地には肝付家の歴代当主とその家族、歴代住職の墓等がある。墓地は斜面地に階段状に整えられ、高い場所からは桜島を美しく眺めることもできる。