知覧麓[南九州市]

街道沿いに続く優美な麓”薩摩の小京都”

知覧麓は鈎型の旧街道沿いの両側に石垣,生垣が整然と続き,その間に武家門を持つ武家屋敷が並ぶ,薩摩の典型的な武家屋敷群の形を表しています。いずれの武家屋敷にも武家門をくぐった正面には防衛のための切石の目隠しがあり,屋敷の一画に母ヶ岳を借景とする美しく優雅な庭園が造られています。江戸中期の空間にタイムスリップできる,「武家屋敷群「麓」を歩く」入門編としてお薦めの麓です。

お問い合わせ先 南九州市文化財課0993-83-4433
観光ガイド 知覧武家屋敷庭園観光ボランティアガイド0993-58-7878
このエリアの構成文化財
  • 70 知覧麓
  • 71 知覧城跡
  • 72 亀甲城跡
  • 73 旧高城邸と高城庵
  • 74 知覧型二ツ家民家
  • 75 知覧麓庭園
  • 76 知覧武家屋敷の茶生垣
  • 77 知覧麓のメインストリート(本馬場通り)のかぎ型の通りと石敢當
  • 78 銀杏の巨木
  • 79 島津墓地
  • 80 豊玉姫神社と水車からくり
  • 81 豊玉姫陵
  • 82 知覧傘提灯
  • 83 矢櫃橋
  • 84 ミュージアム知覧収蔵資料

市町村の特設ページ